借金は滞納する前に業者に相談を

40代男性のエピソード


容易に借りてしまった借金に公開

私は岡山県に住む40代の既婚男性です。普通の会社員であり事務仕事をしています。給料は普通のサラリーマンと比べて多くなく、家族を養うために結構厳しい生活をしています。
私の会社は飲み会が多く、社員同士で交流を持ちながら楽しく仕事をする会社です。よって社員同士で遊ぶ機会が多く、そのお金を都合するのは自分の小遣いでは限界があります。ボーナスがありますので、その時に借金を払えば良いと思い、思いきってカードローンを利用することになりました。
初めはかなり罪悪感がありましたが、それでも仕方ないと思いお金を借りることにしました。
借入額も10万円でそれほど多くなかったので、すぐに返済できると思っていました。
しかし、少ない給料で借金の返済をすることは簡単ではありませんでした。
結果、返済が滞ってしまいました。滞納したカードローンの業者はレイクです。
私はそれまで借金をしたことがなく、滞納がどれほどやばいことか理解していませんでしたので、本当に浅はかだったと思います。


借入業者からの督促電話で我にかえる

その時は本当に返済するお金がなく、妻にお金を借りることも出来なくて本当に弱りました。
なんとか返済しようと思いましたがまったくお金を借りるあてがなく、数日間返済をする事が出来なかったのです。
その時はまたお金があるときに返済すれば良いと安易な考えでいましたので、それほど重大なことであるという認識がありませんでした。
滞納して数日がたった時に、レイクの担当者から連絡がありました。
初めはやさしい口調でしたが、私がどれだけヤバイ状況にいるのかをきちんと説明してくれ、滞納すると信用情報に傷がつき今後お金を借りることが出来なくなると忠告されました。私はその時にはじめて自分の置かれている状況が分かり、本当にヤバイ状況にいることを納得しました。


借入業者から逃げないで

レイクの担当者にすぐにお金を振り込むと謝罪し、なんとか友達からお金を借りて振り込みを行いました。
それからレイクの借金を全額返済し、なんとか借金の地獄から開放されました。
数カ月後もう一度お金を借りる時もまったく問題なくお金を借りることが出来たので、自分の信用情報は無事なのだと思っています。
返済できないお金は二度と借りないようにしないといけないと心から思いました。
そして、現在借金に悩まれている方は、借りた業者からの督促に怯えるのではなく、きちんと対応してください。
返済の意思があれば、一緒に返済計画を立てたり相談に乗ってくれたり、意外と頼もしい存在となりますので。